AppleがMacbook ProやMacbook Airで「eGPU」を採用したことで外付けグラフィックボードがノートパソコンでも使えるようになりました。eGPUとは、External Graphic Processing Unitの略で「外付けグラフィックプロセッサー」のことを指しています。

eGPUとは?!

■ eGPU概念
  • 外付けグラフィックプロセッサーのこと
  • GPUボックス+GPU(本体)の2つで構成されている
  • Windows&Macでサポートされている
  • Thunderbolt 3またはThunderbolt 4をサポートしていること

GPUは主にゲームや動画編集のような大量の画像描画が必要な際に計算処理を行うグラフィックプロセッサーです。あまり知られていませんが、IntelやAMDのCPUを搭載しているPCには、ほぼ100%の確立でGPUが内蔵されています。しかし、内蔵GPUだけでは描画処理性能が不十分のため、追加でGPUを購入してパソコンに刺すことでグラフィック処理性能を大幅にパワーアップさせることができます。

 

■ eGPUに必要なもの
  • Thunderbolt 3または4に対応したパソコン
  • eGPUボックス
  • GPU(本体)
  • Thunderbolt 3 ケーブル または Thunderbolt 4 ケーブル

PCeGPUの接続はThunderbolt 3ケーブルまたはThunderbolt 4ケーブル1本で接続できます。これなら初心者でも簡単に使うことができますね!eGPU側のHDMIポートやDisplayPortとディスプレイを接続すれば、デスクトップパソコンのように使うこともできます。ノートパソコンとeGPUを接続するとThunderboltケーブル1本で充電もできます!

Thunderbolt3または4に対応していれば、デスクトップパソコンでもeGPUを使うこともできます。デスクトップパソコンノートパソコン2台持ちの方にはeGPUはかなりオススメです。

 

 

eGPUはメリットしかない!

■ eGPUメリット
  • ノートパソコンにGPUを増設できる
  • 簡単にGPUの交換やアップグレードできる
  • モバイルノートパソコンでも利用できる
  • eGPUを複数のパソコンで共有できる
  • どこでも設置できる

昔はGPU搭載のPCはデスクトップパソコンしかありませんでしたが、現代にはゲーミングノートパソコンがあります。ゲーミングノートパソコンは便利なのですが、軽くても1.5kg以上するため正直家の中で持ち運ぶのが限界です。

昔と比べるとGPUの耐久性は向上していますが、GPUは熱に弱いため故障しやすいパーツでもあります。ゲーミングノートパソコンの場合、ユーザー自身でGPU交換ができないため、メーカー修理となります。購入から3,4年経過しても数万円(3~10万円)程度の修理費用が掛かるかつ、購入時と同じGPUしか搭載できないため、実はコスパがかなり悪いです。

eGPUであれば、eGPU自体の冷却性能が優れているので安心して利用できます。更にeGPUの多くはユーザー自身でGPUの差し替えが出来るので、GPUが故障した場合も安価に対処ができます!

 

 

 

eGPUを利用するためにはThunderbolt規格に対応したPCが必要

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもeGPUを利用できますが、必ず Thunderbolt 3 または Thunderbolt 4 をサポートしたパソコンが必要です。よくThunderbolt 3 と USB Type-C は形が全く同じため同一と考える方がいらっしゃいますが、別物なので注意が必要です。

Mac OSユーザーの場合は、GPUがAMD製のみしかサポートしていません。NVIDIA製のGPUはサポートしていないため利用できません。(使う方法もありますけど…)

Apple M1チップを搭載したMacbook Air や Macbook Proに関しては、eGPUをサポートしていませんので利用できないので注意が必要です。

 

 

eGPUラインナップ・オススメeGPU

■ eGPUラインナップ
  • GPUレスモデル(GPUは別売)
  • GPU内蔵モデル(GPUは交換不可)

eGPUには大きく分けて2つのラインナップがあります。

1つ目はGPUレスモデルです。eGPUケースのみを購入することとなるため、別途ご自身でGPUを購入する必要があります。ほとんどのGPUレスモデルがNVIDIA製GPU、AMD製GPUの両モデルに対応しているので、好みのGPUを購入することができます。故障時アップグレード時にもGPUの交換が可能です。

 

2つ目はGPU内蔵モデルです。こちらはeGPU+GPUがセットになったモデルです。購入後、パソコンと接続するだけで使えるようになるため初心者にオススメです。GPUレスモデルと比較するとトータルコストが安価な傾向がありますが、故障時に“交換不可”のため故障時にeGPUを流用できません。

 

eGPUオススメ・人気モデル

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 700W
・GPU最大消費電力 500W
・USB Power Delivery 100W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット 1Gbps
ゲーミングパソコンのパイオニアRazerのeGPUです。アルミ筐体による優れた冷却性能と高いパフォーマンスを両立したモデルです。USB-A 3.1×4ポート内蔵しており、USBハブとしても利用することができます。
・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 650W
・GPU最大消費電力 500W
・USB Power Delivery 85W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット

eGPU製品を積極的にリリースしているのがAkiTiOです。老舗パソコンパーツメーカーOWCのThunderbolt製品を扱うブランドとなります。必要最低限の機能に絞ったことでコストパフォーマンスを両立したモデルとなります。熱処理も優れているため、高いグラフィック性能を必要とする作業でも処理落ちが少ないと言われています。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 550W
・GPU最大消費電力 300W
・USB Power Delivery 87W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット

低価格でeGPUを実現することができます。GPU最大消費電力がそこまで高くないため、GPUを購入する際には消費電力を確認する必要があります。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 500W
・GPU最大消費電力 390W
・USB Power Delivery 不明
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット

AkiTiO Nodeの2019年モデルとなります。旧モデルでは電源容量が400Wでしたが、500Wまでアップグレードされました。電源容量が100W増強されたことで安定した性能が出せるようになりました。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 650W
・GPU最大消費電力
・USB Power Delivery 100W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット

Razer Core X Chromaの廉価モデルとなります。電源容量が700W→650W、イーサネットが非搭載となります。その分、コスパは非常に高いモデルでAmazonでの売り上げランキングでも上位にランクインしているベストセラーモデルです。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 550W
・GPU最大消費電力 375W
・USB Power Delivery 100W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット

コストパフォーマンスが非常に高いモデルとなります。負荷を掛けた状態でも動作が安定しており定評があります。頻繁に在庫切れを起こすモデルのため、在庫があったらすぐにポチッた方がいいかもしれません。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量 500W
・GPU最大消費電力 300W
・USB Power Delivery 100W
・GPUサイズ フルレングス(デスクトップ用OK)
・GPU搭載有無
・イーサネット 1Gbps

低価格モデルなのにギガイーサネットを搭載したモデルとなります。GPU最大消費電力は抑え気味なので、組み合わせには注意する必要があります。

 

 

・サポートOS Windows / Mac (M1モデルを除く)
・サポートGPU NVIDIA製 / AMD製
・電源容量
・GPU最大消費電力
・USB Power Delivery 不明
・GPUサイズ
・GPU搭載有無 AMD Radeon RX 570 GDDR5 8GB
・イーサネット 1Gbps

AMD Radeon RX 570を内蔵しているため、購入後パソコンに接続すると使えるモデルです。筐体も非常にコンパクトなので、初心者にオススメのモデルです。内蔵モデルのため、GPU交換ができません。

 

用途にあったeGPUを購入することをオススメします。ゲーム用途の方はUSBポートやイーサネットポートが付いているモデルがオススメです。基本的にGPU内蔵モデルは割高になる傾向があるので、PowerColor Mini Pro以外の製品はオススメできません。加えて、ASUSのGPUバンドルモデルはGPU型番が2~3世代古く超割高なので購入しない方が良いです!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事